#161「永遠の循環の狭間で」“Magic moments in circulations of the senses” 

Improvisation, Mindfulness, Layers of Reality in Relativity

永遠の循環の狭間で


目の前の風景に一歩、また一歩近づきながら、 自分の目の奥、さらに心の奥の風景を観たい。


心に映り込んだ光は、瞬時にイメージとして自分の世界に映し出される。 様々なイメージが、新しい光と共に変換され、永遠に再生する自然と感覚との循環。


見慣れた風景から、よりミクロの世界に近付いたとき 未知の感覚で目の前の現実が揺らぐ。 もしかしてその瞬間は、観る者と観られる者の間で生まれ続ける現実なのかもしれない。


太古の昔から、風景、音、生命の感覚全てが循環する中で 宇宙からみたら、私達の捉え方はどのように映っているのか?


私達が見出す視点が、世界や自然の、未来の一部であるならば、 私は、祈りを音で捧げる一生としたい。


IMD,JP


Magic moments in circulations of the senses


Approaching the scenery, I see, I try to get a glimpse of the scenery reflected in my eyes.


The lights reaching eyes instantly reflect images into the world. Images with new lights reaching into me form an ever-renewing cycle of our senses.


Viewing an object in a closer view, I meet a moment of unknown or view unstable. Such may be the moments in which reality is created between objects seen and the observer.


How may the path of our perceptions be reflected by the universe?


May I find my senses as developing part of the future And may my life to become a prayer of sounds.


Written by IMD, JP


Images: NASA, Creative Commons & IMD, JP


楯 直己・Naoki Tate – Ambient Voice Scape ※2022年3月4日(金)facebookライブ配信より


#自由な心の自由な時空 #ambient #improvisation #mindfulness #nativeflute #duduk #relaxation


Recent Posts
Archive